大和証券グループのSDGs

SDGs達成のために、
証券会社として役割を果たします。

株式会社大和証券グループ本社 執行役社長(CEO)
中田 誠司

2015年9月
SDGs(持続可能な開発目標)採択

SDGs(持続可能な開発目標)は、国連加盟国と多様な組織、人々によってつくられ、国連で2015年に採択された人類共通の17個の目標です。この目標達成に向けて各国が積極的に取り組むことが約束されました。大和証券グループは、SDGsを世界を牽引する重要な目標と捉え、国内外で事業を展開していく上で重要な共通言語として、社会課題にアプローチしていきます。

2018年2月
「SDGs推進委員会」の発足

2018年より代表執行役社長CEO中田誠司を委員長とした「SDGs推進委員会」を設置しました。社外委員の方に常時ご参加いただき、社外からの新鮮な発想や最先端の情報を取り入れ、SDGs に資する取組みをグループ横断的に進めております。

2018年4月
「中期経営計画(2018年度~2020年度) “Passion for the Best” 2020」の策定

中期経営計画“Passion for the Best” 2020では、基本方針として、「クオリティNo.1のコンサルティング力による付加価値の高いソリューションの提供」と、「ハイブリッド型総合証券グループとして新たな価値の提供」を掲げています。お客様の資産の拡大と日本経済を牽引する企業の成長といった好循環を生む、「未来を創る、金融資本市場のパイオニア」を目指しています。
この中期経営計画において経営戦略の根底に、SDGsの観点を取り入れました。

2018年5月
「Passion for SDGs ~大和証券グループSDGs宣言~」の発表

「SDGs推進委員会」では、当社グループビジネスを通じ、積極的にSDGsに資する取組みを推進していくことを、「Passion for SDGs ~大和証券グループSDGs宣言~」として明文化しました。これをもとに、当社グループはSDGs達成に向けた取組みを深化させていきます。

2019年5月
マテリアリティおよびSDGs推進アクションプランの発表

グループ全体でSDGsを推進するためには、トップダウンの推進だけではなく、社員によるボトムアップの取組みが重要だと考え、SDGsに関連する取組み事例やアイデアを、社員から幅広く募集しました。アイデアの募集にあたっては、現状で何ができるかを考えるForecastingと、SDGs達成の期限である2030年に当社グループが“ありたい姿”を踏まえて、何ができるかを考える、Backcastingの、2つの視点を取り入れました。その結果、Forecastingでは、本部の部署からだけでなく、全国の支店や各グループ会社、海外拠点から4,200個を超えるアイデアが集まりました。また、Backcastingのアプローチでは、社内公募により集まった有志約120名が、2030年の当社グループの姿を見据え、その実現に向けた提言をしました。
このボトムアップの取組みから課題を抽出し、ステークホルダーとのコミュニケーションや社外有識者の知見から把握した社会からの要請を照合して整理し、SDGs推進委員会での討議を経て「大和証券グループの重要課題(マテリアリティ)」を決定しました。
また、このボトムアップの取組みから、重要課題解決のために重点的に取り組むべき事柄を抽出し、「大和証券グループSDGs推進アクションプラン “Passion for SDGs”2019」をまとめました。

現在、そして2030年に向けて

大和証券グループは、今後もSDGsの観点を取り入れた社会課題解決への取組みを進めると同時に、効果的な取組みが世の中に根付くよう、尽力してまいります。

SDGs Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)

2015年9月の国連サミットで採択された2030年までの国際目標。持続可能な世界を実現するために、17のゴール・169のターゲットを掲げています。途上国だけではなく、日本も含む先進国の在り方を問い、その取組みの過程で“地球上の誰一人として取り残さない(No one will be left behind)”ことを誓っていることが特徴です。