働きがいのある職場づくり

大和証券グループは、社員一人ひとりのモチベーションを最大限に高めることが、お客様の満足度の向上、ひいては株主価値の向上につながると考えています。社員一人ひとりが働きがいを感じるとともに、その家族や関係者を含め、当社グループの一員であることを一層誇らしく思える会社を目指し、さまざまな施策を実施しています。
また、企業理念をもとに、創業以来築き上げてきた企業文化に含まれている“ 大和らしさ” を表す基本的な考え方や心構えを整理し、「大和スピリット」[PDF:80KB]として明文化して共有しています。「大和スピリット」を通じて、社員の一体感・連帯感、そしてグループの総合力をより一層高めていきたいと考えています。

従業員の状況

大和証券グループの社員数、新卒採用数および大和証券単体の社員数、新卒採用数、平均年齢、平均勤続年数、労働時間と有給休暇取得率を掲載しています。

雇用・採用における取組み

大和証券グループでは、社員一人ひとりに入社から定年まで高いロイヤルティとモチベーションを持って働いてもらいたいと考えています。会社に対して信頼や誇りを感じ、社員同士が連帯感を持って働けるように、新卒採用では、障がい者も含めて全員を正社員として採用しています。

ダイバーシティ&インクルージョン

大和証券グループでは、男女問わず優秀な人材を積極的に登用しています。また、多様な個性が活躍できる職場環境の整備に注力しています。

人材育成とスキルアップ

大和証券グループの競争力の源泉は「人材」です。“クオリティNo.1のコンサルティング力による「付加価値」の高いソリューションの提供”を基本方針として、人材育成に注力しています。

ワーク・ライフ・バランス

大和証券グループは、当社グループは、時代に先駆けて「女性活躍支援」(2005年~)、「19時前退社」(2007年~)のほか、「ワーク・ライフ・バランス推進」(2008年~)等すべての社員が限られた時間のなかで効率的に働き、充実した人生を送るための「働き方」改革に取り組んでいます。

人権教育・啓発

大和証券グループは、企業理念で「高い倫理観を持って社会の持続的発展に貢献する」と明記しており、人権の尊重を基本理念とする企業文化のさらなる向上を目指し、人権教育・啓発への取組みを一段と強化しています。
そのため、世界人権宣言や OECD 多国籍企業行動指針、ISO26000、国連「ビジネスと人権に関する指導原則」、人権教育・啓発推進法を尊重し、国連グローバル・コンパクトに加盟しています。

健康経営

大和証券グループでは、社員の健康保持・増進に積極的に取り組んでいます。「社員の幸福」と「会社の生産性向上」を両立するため、2015年より健康経営推進体制を強化しており、今後さらに高いレベルで取組みを行なっていきます。

社員とのコミュニケーション

大和証券グループでは、より良い職場環境構築のためには、社員とのコミュニケーションが重要であると考え、さまざまな取組みを行なっています。