大和証券フェニックスジャパン・プログラム

被災者の生活再建に取り組むNPOの人材育成

大和証券フェニックスジャパン・プログラムのロゴ

2011年3月に発生した東日本大震災の復興支援として、「大和証券フェニックスジャパン・プログラム」を設立しました。
このプログラムは、大和証券が販売する投資信託「ダイワ・ニッポン応援ファンドVol.3-フェニックスジャパン-」の信託報酬の一部を、認定特定非営利活動法人 日本NPOセンターの「東日本大震災現地NPO応援基金(特定助成)」へ寄付し、本基金を通じてNPOへ助成を行なうものです。
被災者の生活再建の支援を行なうNPOが長期的かつ安定的に活動できるよう、NPO組織の基盤強化および人材育成を支援し、一日も早い被災地の復興を目指します。

寄付スキームの概要

寄付額は、当ファンドの日々の純資産から計算される信託報酬額のうち、販売会社である大和証券株式会社が受領する分(代理事務手数料※といいます)の半額に相当する金額を日々計算し、決算ごとに集計の上、寄付額を決定します。この金額を、自社財務より、当該寄付先に寄付します。

  • 当ファンドの代理事務手数料はファンドの純資産残高により変動致しますが、今回の寄付は、純資産1,000億円未満の場合に適用される代理事務手数料率である0.72%(税抜)の半分である0.36%とします。

【寄付額】

第1期
77,142,256円(2012年5月)
第2期
49,870,607円(2013年5月)
第3期
44,040,288円(2014年6月)
第4期
39,230,761円(2015年5月)
第5期
31,203,223円(2016年6月)
第6期
22,130,415円(2017年6月)
第7期
19,263,251円(2018年5月)
第8期
12,881,612円(2019年5月)
  • カッコ内は寄付月

助成プログラムの概要

助成対象

岩手県、宮城県、福島県等において、被災者の生活再建の支援もしくは震災によって顕著になった地域課題の解決への支援を長期的な視点で実施する「現地 NPO」で、特に次の目的をもつものを重視します。

  1. 1.社会的に弱い立場にある被災者(子ども、高齢者、障がい者、女性等)の生活再建を支援
  2. 2.被災者の安心・安全な居住・生活基盤の再建を目指した復興まちづくりを支援

助成期間

10月~翌9月の1年間

助成金額

新規助成: 1件あたり上限500万円
継続助成: 1件あたり上限400万円

東日本大震災 現地NPO応援基金

詳細については、日本NPOセンターウェブサイト「大和証券フェニックスジャパン・プログラム」をご参照ください。

本プログラムの仕組み

プログラムの仕組みの図
  • 基金設置団体: 認定特定非営利活動法人 日本NPO センター
  • 運営協力団体: 特定非営利活動法人 市民社会創造ファンド

助成先団体

【第8期:2019年プログラム】

助成先対象件数: 7件(新規助成5件、継続助成2件)
助成総額: 2,562万円

新規助成 5件 助成額:1,830万円

No. プロジェクト名/団体名 所在地 金額
1 子ども・若者支援事業マネージャー養成プロジェクト
特定非営利活動法人TEDIC
宮城県
石巻市
477
2 みんなのひろば事務局整備プロジェクト2019
特定非営利活動法人みんなのひろば
福島県
伊達市
336
3 復興連携の核となるスタッフの育成計画
特定非営利活動法人 ふくしまNPOネットワークセンター
福島県
福島市
400
4 福祉雇用、防災教育、観光促進支援事業継続のための人材育成
特定非営利活動法人チームふくしま
福島県
福島市
401
5 プログラム強化と総合マネジメントを担える人材育成計画
特定非営利活動法人いいざかサポーターズクラブ
福島県
福島市
216

継続助成 2件 助成額:732万円

No. プロジェクト名/団体名 所在地 金額
1 にじいろクレヨン事務局体制強化計画(2)
特定非営利活動法人にじいろクレヨン
宮城県
石巻市
398
2 人と自然のつながりを再構築し、地域に芽生えた想いを体現・事業化できる組織づくりのための経営人材の育成(2)
認定特定非営利活動法人ホールアース研究所
(ホールアース自然学校 福島校)
福島県
郡山市
334

選考総評、助成概要と選考理由については、こちらをご参照ください。

【第7期:2018年プログラム】

助成先対象件数: 7件(新規助成4件、継続助成3件)
助成総額: 2,509万円
2018年プログラムの助成先はこちらをご覧ください≫

【第6期:2017年プログラム】

助成先対象件数: 9件(新規助成7件、継続助成2件)
助成総額: 3,153万円
2017年プログラムの助成先はこちらをご覧ください≫

【第5期:2016年プログラム】

助成先対象件数: 7件(新規助成3件、継続助成4件)
助成総額: 2,407万円
2016年プログラムの助成先はこちらをご覧ください≫

【第4期:2015年プログラム】

助成先対象件数: 10件(新規助成6件、継続助成3件、合同研修助成として1件)
助成総額: 3,680万円(合同研修助成金250万円を含む)
2015年プログラムの助成先はこちらをご覧ください≫

【第3期:2014年プログラム】

助成先対象件数: 10件(新規助成7件、継続助成2件、合同研修助成として1件)
助成総額: 3,210万円(合同研修助成金200万円を含む)
2014年プログラムの助成先はこちらをご覧ください≫

【第2期:2013年プログラム】

助成先対象件数: 9件(新規助成5件、継続助成4件)
助成総額: 3,503万円(合同研修助成金150万円を含む)
2013年プログラムの助成先はこちらをご覧ください≫

【第1期:2012年プログラム】

助成先対象件数: 7件
助成総額: 3,100万円(合同研修助成金150万円を含む)
2012年プログラムの助成先はこちらをご覧ください≫