環境への取組み

大和証券グループでは、環境課題の解決に貢献するため、「環境ビジョン」「環境理念」「環境基本方針」を定めてさまざまな取組みを進めています。

  • 環境ビジョン
    大和証券グループは、かけがえのない地球環境を将来世代へ引き継ぐため、本業である金融機能を活用して貢献する。
  • 環境理念
    私たちは、21世紀の持続可能な社会の形成に向けて、「地球温暖化の防止」「資源の循環的な利用」「生態系の保全」等の重要性を認識し、「金融業務を通じた環境課題解決への貢献」に努めるとともに、企業市民としても、継続的に環境負荷低減に努めます。
  • 環境基本方針
    1. 1.本業を通じた環境への取組み
      低炭素社会、循環型社会、共生型社会の実現に向け、金融商品・サービスの開発・提供に努めます。
    2. 2.環境管理態勢の整備・運営
      環境管理態勢を整備し、環境活動の継続的改善に努めます。また、環境教育、啓発活動を実施し、社員の環境保全意識の向上に努めます。
    3. 3.省資源・省エネルギー・生態系保全への取組み
      省資源、省エネルギー技術やシステムの導入、効率的な利用(業務の効率化も含む)の推進に努めます。また、節水、リデュース(廃棄物等発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)に取り組み、循環型社会の実現への貢献に努めます。さらに、生物多様性への配慮、環境との共生等を目指し、グリーン調達の推進等に努めます。
    4. 4.環境コミュニケーションの推進
      環境に関する情報の積極的な開示に努めるとともに、お客様をはじめ、社会との幅広いコミュニケーションを図り、取引先、地域コミュニティ、NGO・NPO等との連携と協働に努めます。
    5. 5.環境関連法規制等の遵守
      環境関連法令・規則をはじめ自社の環境方針等を遵守し、 環境保全に努めます。

株式会社大和証券グループ本社(2012年5月22日)

大和証券グループの環境関連の方針・目標や、地球環境を守るために進めている事業活動を通じた取組みをご紹介します。

大和証券グループ本社は、2018年4月にTCFDへの支持を表明しました。TCFDの提言にもとづき、当社グループの現状認識を開示しています。

2018年11月、当社として初となるグリーンボンドを発行しました。グリーンボンドに係る情報として、調達資金の充当状況や、環境インパクトの状況について開示しています。