証券ビジネスの役割と社会的責任

大和証券グループでは、公正で活力ある金融・資本市場を維持・発展させていくことに加え、金融に社会的な視点を組み込むことで、持続可能な社会の実現に貢献していきたいと考えています。例えば、主要事業である証券ビジネスは、企業や政府の資金調達のニーズと、さまざまな投資家の資金運用のニーズを結びつけるという社会的役割を担っています。
当社グループでは、有価証券投資に際して、財務情報のみならず環境面や社会面の取組みなど、ESG(環境・社会・ガバナンス)要素も評価に加味する投資手法を推進しています。

健全な金融・資本市場を支える ~大和証券グループの6つの役割~

資金を必要とする企業を応援し、上場サポートからコンサルティングまで行なっています。資金の流れを生み出し、イノベーションが生まれやすい土壌形成、より活発で安定した金融市場づくりに貢献することで、社会基盤を支え続けます。

大和証券グループの考える、社会のなかでの証券会社の役割

役割1 企業等の資金調達

企業は有価証券(株式や債券)を発行することで資金を得て、新製品の開発や新たなサービスの提供に活用しています。これら有価証券を用いた資金調達は、企業の成長とそれに伴う経済の成長に貢献します。
大和証券グループは、有価証券を利用した資金調達を企業等にアドバイスしています。

役割2 新規上場の支援

経済の成長には新たな企業の登場と成長が欠かせません。新規上場はその企業の成長に貢献するのみならず、さまざまな投資家に投資機会を提供します。当社グループは、新規上場のお手伝いをしています。

役割3 有価証券の売買のお手伝い

株式や債券などの有価証券は主に証券取引所などの市場で取引されます。
証券会社は、お客様の有価証券売買をお手伝いしています。また、売買された有価証券が正確に受け渡されるようにすることも重要な仕事です。

役割4 資産形成のお手伝い

当社グループでは、多様な商品やサービスを提供し、お客様に合わせたご提案をすることで、ライフプランニングと資産形成をお手伝いします。

役割5 情報分析と提供

多くのエコノミスト、アナリストおよびストラテジストが、最新の動向と綿密な分析を合わせた多様な情報を、わかりやすい形で提供しています。

役割6 市場の信頼保護

有価証券の市場は、社会の大切なインフラであり、参加者の信頼の上に成り立っています。当社グループでは、市場が公平・公正であるために、情報の管理や取引内容のモニタリングを厳密に行なっています。また、日夜進歩する取引手法への対応や新たな課題等についても積極的に取り組んでいます。

機関投資家として責任ある行動

「日本版スチュワードシップ・コード」

2014年2月に金融庁より公表された「『責任ある機関投資家』の諸原則 《日本版スチュワードシップ・コード》」は、二度の改訂を経て、運用戦略に応じたESG要素を含む中長期的な持続可能性の考慮に基づき、投資先企業との建設的な『目的を持った対話』(エンゲージメント)を通じて企業価値向上や持続的成長を促し、顧客・受益者の中長期的な投資リターン拡大を図る責任を機関投資家に対して求めています。
当社グループでは、大和証券および大和アセットマネジメントがこの原則の受入れを表明しています。

「責任ある機関投資家」の諸原則《日本版スチュワードシップ・コード》の受入れについて

大和アセットマネジメントにおける体制

大和アセットマネジメントは、2006年5月に「国連責任投資原則(PRI)」に署名、2014年5月に「日本版スチュワードシップ・コード」の受け入れを表明するなど、スチュワードシップ責任の遂行に継続的かつ積極的に取り組んでいます。2020年3月に「日本版スチュワードシップ・コード」が再改訂されると、2020年9月に受け入れ表明を更新し、取組み内容の深化に努めています。
同社は、スチュワードシップ責任を果たす上での利益相反を管理することを目的として、「スチュワードシップ監督委員会」を2017年1月に設置しました。同委員会は、同社のスチュワードシップ活動全般を監督し、取締役会への報告や、必要に応じてスチュワードシップ活動の改善勧告等を行なうこととしており、社外取締役と利益相反管理統括責任者である法務コンプライアンス担当役員を構成員とすることで、スチュワードシップ活動における経営・執行からの独立性を確保しています。
また、2018年10月に、同社のESGへの取組みの具体化および取組み姿勢について内外に分かりやすく示すべく専門の課を新設、2020年10月にはスチュワードシップ・ESG推進部としました。2020年1月に、同社のESGに対する考え方を明確化した、「ESG投資方針」を公表しています。
投資先企業との対話については、2014年6月に公表した「投資先企業との建設的な対話の方針」にもとづき、投資先企業の状況の的確な把握と認識の共有等を目指したエンゲージメント活動を行なってきました。その後、対話を通じて得られた知見や、スチュワードシップ・コード、コーポレートガバナンス・コードの改訂などから、投資先企業と対話すべき内容は変化しており、2018年11月に「投資先企業との建設的な対話の方針」を見直し、更に2020年9月には、対話対象を株式だけではなく、株式や債券を発行している企業や団体(企業等)とし、同社が重視するESG課題を盛り込んだ「企業等との建設的な対話の方針」を公表しました。
同社は、パッシブ・エンゲージメントについても当然の責務であると考えており、2018年から国内株式インデックスファンドの投資先企業約2,200社にすべてに対して、同社の「議決権行使に関する方針」やスチュワードシップ活動内容などを送付しています。同社のスチュワードシップ活動をご理解いただくとともに、対話の第一歩となればと考えています。
なお、同社のスチュワードシップ活動に対する基本的な概念は「スチュワードシップ活動に関する基本方針」に示されています。

スチュワードシップ活動の体制(大和アセットマネジメント)

実際の対話は、以下の3つの主体により実践しています。

企業調査アナリスト:「建設的な対話」

通常の調査活動の一環として、企業価値の向上や持続的成長に資するためのスチュワードシップ活動を行なっており、2019年度(2019年1月~ 2019年12月、以下同)においては、約300社とのエンゲージメントを実施しました。同社では、対話のための基盤ツールとして、(a) 基本的姿勢・アナリスト活動の基盤となる知識をまとめた「アナリスト・ハンドブック」、(b) 企業の経営戦略について分析した「経営戦略参考事例集」、(c) 企業を中長期的な視点から定性的に評価した「定性評価」、(d) 中長期的な企業のフェアバリューを求める「長期企業価値モデル」を作成、活用しています。

スチュワードシップ・ESG推進部:「ガバナンス・ミーティング」

投資先企業について、議決権行使の判断に必要な情報を収集するとともに、投資先企業との対話のなかで、議決権行使の方針やコーポレート・ガバナンスに関して企業に期待する事項について説明し、当該企業と認識の共有を図っています。2019年度においては、約130社とのエンゲージメントを実施しました。また、議決権行使結果については2017年4月総会分より、議決権行使結果の個別開示を行なっています。

企業調査アナリストとファンドマネージャーで構成されるエンゲージメント・チーム:「エンゲージメント・ミーティング」

アクティブ運用ファンドでの保有比率が高く、対話によりIRの改善や企業の取り組みの変化によって企業価値の向上が期待できると思われる企業を中心に、2019年度においては約30社とのエンゲージメントを実施しました。
ミーティングでは中長期的な視点での議論を重視し、可能な限り対象先企業の社長をはじめとする経営トップとの対話を行なっています。長期的な観点での情報開示に関する論点を記載した「長期ビジョンと中期経営計画」や、同社が投資先企業に期待することや建設的に対話したいことなどを記載した「大和アセットマネジメントのエンゲージメント方針の紹介」を手交し、建設的な対話を継続しました。
また、同社では環境負荷や社会的責任に特化した対話「ESミーティング」も行なっており、2019年度は、中長期的な企業価値を考えるうえで環境(E)、社会(S)の重要性はさらに高まると考え、ESミーティングを強化しました。
なお、同社は、「スチュワードシップ活動の状況に関する報告」をウェブサイトで公表しています。報告では、エンゲージメントの状況(方針、態勢、テーマ別件数等)、ESG投資、議決権行使の状況およびスチュワードシップ活動の向上策などについて記載しています。

イニシアティブへの参画

大和証券グループは、金融・経済界はもちろん、様々なパートナーシップを通じて持続可能な社会の発展に貢献すべく、各種イニシアティブへの参画・署名・賛同を行なっています。