メディアギャラリー

文化・芸術・スポーツへの協賛活動

大和証券グループでは、スポーツ・文化・芸術振興に関する支援を継続的に行なっています。

文化芸術

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

英国が誇る世界屈指の美の殿堂、ロンドン・ナショナル・ギャラリーがその200年の歴史で初めて館外での大規模な所蔵作品展を開催。
61作品全てが初来日となる歴史的な展覧会に、特別協賛しています。
(東京)2020年6月18日(木)~2020年10月18日(日)
(大阪)2020年11月3日(火・祝)~2021年1月31日(日)

将棋「名人戦」

将棋界で最も格式と歴史あるタイトル戦で、将棋界の最高峰を決める棋戦。
大和証券グループでは2005年より協賛し、将棋界を支援しています。

囲碁「本因坊戦」

本因坊戦は囲碁界において、三大棋戦とよばれ、タイトル戦の中で最も歴史と伝統のある棋戦と言われています。
大和証券グループでは2005年より協賛し、囲碁界を支援しています。

音舞台

音舞台シリーズは日本を代表する寺院に舞台を設け、
「東洋と西洋の出会い」をテーマに世界中で親しまれている音楽やパフォーマンスを披露し、奉納するイベントです。
大和証券グループでは2007年より協賛しています。

SDGsクリエイティブアワード

SDGsクリエイティブアワードは、国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた映像コンテストです。
社会課題や解決に向けたアクションの映像を募集し、表彰することで、SDGsの一層の普及啓発や取組みの促進を目指します。
大和証券グループ本社ではこのアワードに協賛しています。

スポーツ

日本ラグビーフットボール協会

日本におけるラグビーフットボールの普及振興に関する事業を行なう同協会に賛同し応援しています。

全日本柔道連盟

柔道の普及振興を行なう同連盟にオフィシャルサプライヤーとして応援しています。

公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会

障がい者スポーツの振興を図り、国際舞台で活躍できる選手の育成・強化を担う同協会を応援しています。

一般社団法人 日本身体障がい者水泳連盟

水泳を通じ障がい者の心身の健全な発達と社会参加を促進する同連盟を応援しています。

Mリーグ

ほんの一握りのトッププロだけが出場できる
麻雀プロリーグ戦「M.LEAGUE(Mリーグ)」に協賛しています。

教育

はじめてのクラシック

中高生を対象に、クラシック音楽への親近感と豊かな情操を養うことを目的に開催されるイベント。
大和証券グループではその趣旨に賛同し、協賛しています。

キッザニア東京・甲子園

3~15歳を対象に楽しみながら社会のしくみを学べるキッザニア。
大和証券グループ出展の「証券会社」パビリオンでは証券コンサルティング業務を体験することが出来ます。

劇団四季「こころの劇場」

大和証券グループでは日本全国の子どもたちに、演劇の感動を届けるプロジェクト「こころの劇場」
(主催 劇団四季/一般財団法人舞台芸術センター)に協賛しています。

たどり着けない場所など、ない。

CM「たどり着けない場所など、ない。」シリーズは、時代を切り開き、新しい価値を創造することに挑戦し、「クオリティNo.1の確立」への取り組みに情熱を注ぐ、そんな大和証券グループ社員の姿を、プロフリークライマーの野口啓代氏、日本を代表するピアニスト辻井伸行氏に重ねて表現しました。 人材やサービスを含めた「クオリティNo.1の確立」を通して、「お客様に最も選ばれる証券グループ」を目指していきます。

出演者

野口啓代

1989年5月30日生まれ。
小学5年生の時、家族旅行のグアムでクライミングに出会う。
ワールドカップ年間優勝4度など、国際大会の豊富な経験に加え、外岩での活動も積極的に行う。

辻井伸行

1988年9月13日生まれ。
幼少の頃よりピアノの才能に恵まれ、10歳でオーケストラと共演してデビューを飾る。
2009年6月、「第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で、日本人として初の優勝を果たし、以来、日本を代表するピアニストの一人として国際的な活躍を繰り広げている。
エイベックス・クラシックスより継続的にCDを発表し、2度の日本ゴールドディスク大賞を受賞。
作曲家としても注目され、映画《神様のカルテ》で、「第21回日本映画批評家大賞」受賞。

動画ライブラリー

  • 本新聞広告は、日本経済新聞社が主催する「第68回日経広告賞」の「IR・アニバーサリー部門最優秀賞」を受賞いたしました。