自己資本規制

連結自己資本規制比率

2020年3月末の連結総自己資本規制比率は21.16%となりました。

(単位 億円)

  2019年12月末 2020年3月末
総自己資本の額 (D)=(A)+(B)+(C) 10,889 11,718
普通株式等Tier1資本の額 (A) 10,889 10,352
その他Tier1資本の額 (B) 0 1,366
Tier2資本の額 (C) 0 0
リスク・アセット合計 (E) 55,938 55,363
信用リスク・アセットの額 28,951 29,916
マーケット・リスク相当額を8%で除して得た額 17,504 16,041
オペレーショナル・リスク相当額を8%で除して得た額 9,482 9,404
連結普通株式等Tier1比率 (A)/(E) 19.46% 18.69%
連結Tier1比率 ((A)+(B))/(E) 19.46% 21.16%
連結総自己資本規制比率 (D)/(E) 19.46% 21.16%
  • (注)
    「金融商品取引法第57条の17第1項の規定に基づき、最終指定親会社及びその子法人等の保有する資産等に照らし当該最終指定親会社及びその子法人等の 自己資本の充実の状況が適当であるかどうかを判断するための基準(平成22年金融庁告示第130号)」に基づき連結自己資本規制比率を計算しております。

連結レバレッジ比率

2020年3月末の連結レバレッジ比率は5.80%となりました。

(単位 億円)

  2019年12月末 2020年3月末
資本の額 (A) 10,889 11,718
総エクスポージャーの額 (B)=(C)+(D)+(E)+(F) 216,013 202,001
オン・バランス資産の額 (C) 133,058 131,242
デリバティブ取引等に関する額 (D) 10,892 12,662
レポ取引等に関する額 (E) 70,827 56,798
オフ・バランス取引に関する額 (F) 1,234 1,297
連結レバレッジ比率 (A)/(B) 5.04% 5.80%