PASSION FOR THE BEST

日本は環境先進国か? 〜マクロ政策評価〜

〜経営戦略情報〜 経営戦略研究部 河口 真理子

  • 世界銀行が2007年10月に公表した温暖化対策を評価した報告書において、日本は70か国中62位、先進国では最下位という衝撃的な結果が示された。
  • 同調査では、1994年から2004年の10年間のCO2排出量と、その要因を分析しているが、日本は経済・人口の伸びが低いにも関わらず、CO2排出量の伸びが高い。その背景には、化石燃料の中でもCO2の多い石炭火力が増えたこと、一方で、再生可能エネルギーの導入が極めて遅いこと、オフィスや家庭からの排出がIT化やライフスタイルの変化を反映して大幅に増えてしまったことなどがある。これらのことは、消極的な温暖化政策を反映している。
  • 洞爺湖サミットで環境立国日本を標榜し、世界のリーダーシップをとるのであれば、日本は環境先進国、という思い込みを捨てて、積極的かつ大胆な温暖化対策を早急に進める必要がある。

レポート詳細はこちら
(121KB)

PDF PDFのドキュメントをご覧になるには、Adobe Reader Version 4.0以上が必要です。 Version 3.0でご覧になった場合は、正常に動作しない場合がございますのでご注意ください。

Get ADOBE READER

Adobe Readerの最新バージョンは左のボタンから無償でダウンロードできます。

大和のESGレポート集のトップへ戻る

ページトップへ