PASSION FOR THE BEST
健康経営
大和証券グループでは、社員の健康保持・増進に積極的に取り組んでいます。経済産業省と東京証券取引所が共同で選定する「健康経営銘柄」にも三年連続選出されるなど、社会的にも高い評価を受けています。当社グループは、「社員の幸福」と「会社の生産性向上」を両立するため、2015年10月に健康経営推進体制を強化しており、今後さらに高いレベルで取組みを行っていきます。
大和証券グループ本社は、経済産業省と東京証券取引所が共同で選定を行った「健康経営銘柄」において、社員の健康に関する取り組みについて優れた上場企業として四年連続で選出されました。
「健康経営銘柄」とは、東京証券取引所に上場している企業の中から「健康経営」に優れた企業を選定し、長期的な視点からの企業価値の向上を重視する投資家にとって、魅力ある企業として紹介することを通じ、企業による「健康経営」の取り組みを促進することを目指すものです。
また、「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」にも選定されました。「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」とは、経済産業省と日本健康会議が共同で、保険者と連携して優良な健康経営を実践している法人を2020年までに500社認定するものです。
当社は、社員の健康保持・増進のマネジメントの責任者として「CHO(Chief Health Officer:最高健康責任者)」を設置し推進体制を強化しているほか、健康推進プロジェクト「KA・RA・DAいきいきプロジェクト」を導入。ウォーキング、腹八分目プログラムなどへの参加や健康リテラシー講座の受講などにポイントを付与し、社会貢献活動への寄付や健康関連の景品等に交換できる取り組みを実施。さらに健康づくりの自助努力を給与に反映するポイントインセンティブの仕組みを導入するなど、工夫あふれる様々な取り組みが評価されました。
当社グループでは、社員が長きにわたって元気に活き活きと働き続けられる環境を整備するため、今後も社員の健康増進を経営的な視点で捉え、積極的に取り組んでまいります。
2017健康経営銘柄
これまでの歩み 推進体制 取組み
これまでの歩み
2008年度 特定保健指導(メタボ指導)開始
人事部・総合健康開発センター・健保組合一体での健康増進の取組み開始
2009年度 WEB上で過去の健康診断結果や各種健康情報が確認できる仕組みを導入
イエローペーパーによる有所見者のフォロー開始
2010年度 ウォーキングチャレンジ・禁煙チャレンジ開始
2011年度 腹八分目(ハラハチ)キャンペーン開始
2012年度 レッドケースサポートプログラム(重症者対応)開始
2013年度 「健康寿命をのばそうアワード」厚生労働大臣賞 受賞
2014年度 「厚生労働白書」に当社グループの取組みが掲載
「健康経営銘柄」選定
2015年度

ポイントインセンティブを開始

※社員の健康づくりの自助努力にポイントを付与。
ポイントが一定水準に達すると55才以降の給与に反映

「CHO(Chief Health Officer:最高健康責任者)」に大和証券グループ本社人事担当を選任
「健康経営推進会議」の実施
大和証券グループ本社人事部内に「健康経営推進課」を設置
「大和証券グループ健康白書」を発行
「健康経営銘柄2016」選定

2016年度

KA・RA・DAいきいきプロジェクト〜Healthy Lifestyle〜導入
プレスリリース PDF

「健康経営銘柄2017」「健康経営優良法人2017(ホワイト500)」選定
厚生労働省委託事業「がん対策推進企業アクション」
がん対策推進企業表彰において厚生労働大臣賞を受賞
プレスリリース PDF

2017年度

ガンばるサポート 〜がん就労支援プラン〜 導入
プレスリリース PDF

「健康経営銘柄2018」「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」選定
プレスリリース PDF

東京都「がん患者の治療と仕事の両立への優良な取組を行う企業表彰」優良賞を受賞
プレスリリース PDF

2018年度

Daiwa ELLE Plan 導入
プレスリリース PDF

推進体制

健康経営推進体制について

CHO主催の「健康経営推進会議」を実施
グループ各社の人事担当役員、人事部、総合健康開発センター、健保組合出席のもと、従業員の健康状態の把握、健康経営における各種施策の検討、効果検証、取組改善を行う
健康経営推進会議

三位一体の体制について

2008年度に保健事業の実行性を高める目的で、会社の安全配慮義務と被保険者の健康づくりの観点から、人事部・総合健康開発センター・健保組合が協力した三位一体の体制を構築
人事部、総合健康開発センター、健保組合
取組み
・定期健康診断
・人間ドック
35歳以上対象、健保組合が補助
・乳がん・子宮頸がん検診
35歳未満の女性対象。健保組合が補助
・Daiwa ELLE Plan
女性の健康を包括的に支援
・ガンばるサポート 〜がん就労支援プラン〜
仕事とがん治療の両立支援
・イエローペーパー
定期健康診断の結果、所見のあった社員に送付。医療機関受診の促進
・ストレスチェック
全社員対象、メンタルヘルス不調予防を目的に実施(2017年度実施率 約92%)
・KA・RA・DAいきいきプロジェクト〜Healthy Lifestyle〜
健康無関心層(若年層等)を含めた全社員の健康意識向上を目的としたプロジェクト。
健康増進イベントへの取組みに応じてポイントを付与し、健康関連グッズや健康飲料、
TABLE FOR TWOへの寄付等の景品と交換可能な仕組みを導入
・禁煙支援
禁煙プログラム、及び、希望者が一斉に挑戦する禁煙チャレンジ
・ウォーキングチャレンジ (ポイントインセンティブ)
希望者が一斉に3か月間一日一万歩を目標にウォーキングに挑戦。健保組合より粗品を贈呈
・ハラハチ(腹八分目プログラム) (ポイントインセンティブ)
希望者が一斉に1か月間腹八分目に挑戦
・健康リテラシー講座 (ポイントインセンティブ)
ヘルスリテラシーの向上のための生活習慣病、運動、栄養、メンタルヘルスに関する学習
・グループ全社員への情報発信
総合健康開発センターからグループ全社員に対し、社内のイントラネットで情報発信
生活習慣病対策、がん対策、花粉症対策、感染症対策、女性特有の健康問題等幅広い知識の啓発
・インフルエンザワクチン接種
医務室でインフルエンザワクチン接種を実施。家族を含め健康保険組合が費用補助
・健康白書
「大和証券グループ健康白書」を発行
ページトップへ