PASSION FOR THE BEST
経営方針
2019年度 大和証券グループ経営方針
〜 Passion for the Best 〜

 2018年度の証券・金融市場は、日経平均株価が27年ぶりの高値を更新するも、その後は調整局面が続くなど、変動の激しい年であった。

 当社グループでは、グループ中期経営計画〜“Passion for the Best”2020〜において「クオリティNO.1のコンサルティング力による付加価値の高いソリューションの提供」と「ハイブリッド型総合証券グループとしての新たな価値の提供」を基本方針に掲げ、新たな一歩を踏み出した重要な年であった。

 また、大和版NPS®の導入を契機に「お客様第一の業務運営」の深化を進め、お客様基盤の拡充において一定の成果を得ることが出来た。更に、グループとしての新たな価値の創出に向けて、再生可能エネルギー、インフラストラクチャー、農業、ヘルスケアといった事業ポートフォリオ拡充への着実な布石を打った1年であった。

 近年、不透明な世界情勢やデジタル・トランスフォーメーションの進展等により、金融業界のみならず各業界における経営を取り巻く環境は劇的に変化している。企業には来るべき変化への対応やイノベーションが求められ、失敗を恐れず挑戦を継続していかなければならない。

 グループ中期経営計画の2年目となる2019年度は、引き続き「お客様第一の業務運営」のクオリティを追求すると共に、新規ビジネス領域と伝統的な証券業との融合による「新たな価値」創出及び拡大に向けた挑戦を続けていく。

 大和証券グループは、SDGsの達成に向け積極的に取り組み、経済的価値と社会的価値の両立、すなわち共通価値を創造することにより、サステナブルで豊かな社会・国民生活の実現に貢献していく。

 

各事業部門のアクションプラン

リテール部門

  1. お客様満足に立脚した営業体制の構築
  2. お客様のあらゆるニーズに応える、属性に応じた最適なサービス・ソリューションの提供
  3. 収益基盤の持続的な拡大
  4. 外部チャネル・外部リソースを活用したビジネス展開

  

ホールセール部門

  1. 企業の高付加価値化を促進
  2. お客様ニーズを捉えたプロダクト・サービスの提供
  3. 事業構造や日本の産業構造転換を支援
  4. アジアのリージョナル・ブローカーとしての汎アジアビジネスサポート

アセット・マネジメント部門

  1. 運用力の強化・向上によるお客様利益の追求
  2. 幅広いお客様ニーズを捉えた商品開発力の強化
  3. お客様の資産運用に資する商品拡充及び情報発信・サポート力の強化
  4. 不動産を中心としたオルタナティブ投資商品の拡大

 

投資部門

  1. 新規産業の発掘・育成によるファンド・エコシステムへの貢献
  2. アジアへの投資拡大
  3. 社会的意義のある投資対象の開拓
  4. 運用力の更なる進化による投資リターンの追及

その他(大和総研グループ)

  1. ハイブリッド型総合証券グループのシンクタンクとして、グループ連携によるビジネス強化へ貢献
  2. デジタル化の加速による不透明な未来の道標となる経済・金融における先見性の高い情報発信
  3. お客様のビジネスへ貢献する、競争力のあるソリューションをスピーディに提供
  4. 先端技術の活用による「新たな価値」の創出を通じたビジネスの拡大

 

その他(大和ネクスト銀行)

  1. 証銀連携による顧客本位の商品・サービス展開
  2. グループ全体の将来的な収益基盤構築に向けた仕組み作り
  3. 市場環境の変化に即応可能なポートフォリオ運営
  4. 健全な利益の確保を通じた持続的成長
※ NPS®は、ベイン・アンド・カンパニー、フレッド・ライクヘルド、サトメトリックス・システムズの登録商標となっております。

ページトップへ