PASSION FOR THE BEST
コーポレート・ガバナンス
コンプライアンス
 大和証券グループでは、企業理念として「信頼の構築」、「人材の重視」、「社会への貢献」、「健全な利益の確保」を掲げています。当社グループは、コンプライアンスをこれらの企業理念を実現するための重要な条件と考えており、単なる「法令の遵守」を超えた、お客様、市場、社会および株主からの信用の獲得と捉えています。

コンプライアンス意識の向上
 当社グループでは、高い倫理観を持って社会の持続的発展に貢献できるよう、法令遵守と自己規律を徹底するために、コンプライアンスに関する教育や、入社時やそのほか定期的な研修を通じて、役職員のコンプライアンス意識の向上と知識の充実を図っています。
 法令諸規則が必ずしも整備されていない新しいビジネスにチャレンジする際も、常に法令諸規則の原点に立ち返り、社会通念や良識に照らして誠実に行動し、リーガル・マインドにもとづく強い自己規律を持つよう、社員を養成しています。
 また、「当社グループとして最低限満たすべき基本的事項」として、「情報セキュリティ」、「反社会的勢力の排除」、「インサイダー取引未然防止」に関する「グループ・ミニマムスタンダード」を策定しており、これにもとづき、当社グループのコンプライアンス意識のさらなる向上に取り組んでいます。

2017年度のコンプライアンス取組み計画
 グループ各社の内部管理態勢構築に向けたサポートとして、「情報セキュリティのレベルアップ」、「グループをあげた反社会的勢力の排除態勢の強化」、「インサイダー取引の未然防止態勢の強化」に継続的に取り組んでいきます。
 また、2016年度より開催しているグループ各社のコンプライアンス部門の定期的な情報共有の場である「グループ・コンプライアンス連絡会」を通じて、グループ各社の連携を強化し、グループとしての内部管理態勢のさらなる向上を図っていきます。

コンプライアンス研修
 グループ各社では、役職員のコンプライアンス意識の向上と企業倫理の浸透を図り、どのような状況下においても、自己規律を発揮できるよう、集合研修やeラーニングでの「情報セキュリティ」、「反社会的勢力の排除」、「インサイダー取引未然防止」研修を含め、数多くのコンプライアンス研修を行っています。
 また、サイバーセキュリティに関する教育・研修の一環として、グループ全体で「標的型攻撃メール」の訓練を実施し、役職員のサイバーセキュリティ意識の向上を図っています。
 なお、大和証券では毎年、全社員を対象とした「コンプライアンス研修」をはじめ、新入社員や新任役職者に対するコンプライアンス教育や啓発活動、グループ別集合研修など、実務面を重視した多彩な研修を実施しています。

ページトップへ