個人投資家の皆さまへ

株主・投資家の皆さまへ 株式会社大和証券グループ本社 執行役社長(CEO) 中田 誠司

大和証券グループについて

社長ごあいさつ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

大和証券グループでは、昨年4月より、新たな3ヵ年の中期経営計画“Passion for the Best” 2020(以下、「中計」)がスタートしております。
中計初年度である2018年度は、上期末の良好な経済指標や、円安・ドル高の進行等から、日経平均株価は10月に27年ぶりの高値を記録しました。しかし、11月以降は、世界経済の先行き不透明感の高まりにより、日本株も調整を余儀なくされました。このような環境下、当社グループの連結純営業収益は4,412億円、連結経常利益は831億円、最終利益を示す親会社に帰属する純利益は638億円となりました。

株主還元につきましては、2018年度より、目標とする配当性向の水準を変更し、従来の「40%程度」から「50%以上」へ引き上げました。通期の配当実績額は1株あたり21円(中間配当12円、期末配当9円)とし、配当性向は52.6%となりました。また、株式総数5,500万株(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合3.40%)の自己株式取得も実施しました。

また、引き続き、中計の基本方針である、「クオリティNo.1のコンサルティング力による付加価値の高いソリューションの提供」、「ハイブリッド型総合証券グループとしての新たな価値の提供」に社員一同取組んでおります。

リテール部門においては、お客様本位の業務運営をより強化するため、大和証券の全営業店に、お客様満足度を図る指標、大和版NPS®の導入を完了しました。引続き、商品・サービスのクオリティをより一層高めることで、お客様の真のニーズに応える、「お客様本位」の実現を図ってまいります。

また、日本が抱える社会問題の解決と当社ビジネス機会の拡大を目的に、再生可能エネルギー・インフラストラクチャー、農業、ヘルスケアの分野において、それぞれ新会社を設立しております。経営戦略の根幹にSDGsを据える当社グループとしましては、今後も、社会的課題の解決に積極的に取り組み、企業の経済的価値と社会的価値を同時に創造することで、サステナブルで豊かな社会・国民生活の実現に貢献してまいります。

今後もステークホルダーの皆さまとの対話を通じ、取組みを進化させてまいります。
株主の皆さまにおかれましては、今後もなお一層のご支援とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

令和元年6月
株式会社大和証券グループ本社
執行役社長 CEO
中田 誠司
※ NPS®は、ベイン・アンド・カンパニー、フレッド・ライクヘルド、サトメトリックス・システムズの登録商標です。

当社グループ概要

会社名 株式会社大和証券グループ本社
(証券コード:8601)
創業日 1902年5月1日
代表者 執行役社長 中田 誠司
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1
グラントウキョウノースタワー
従業員数 16,516人
(2018年9月末現在、グループ従業員数)

もっと詳しく知りたい方は

中期経営計画

中期経営計画の骨子

閉じる

SDGsへの取組みについてNEW

世界の目標の実現のために、総合証券グループとして役割を果たします。

 世界には多くの社会的課題が存在します。

 それらの課題を生み出した原因として、私たち人間の経済活動、とりわけ企業の事業活動があげられます。その反面、それらの社会的課題を解決する推進力としても企業への注目度が高まっています。

 かつて企業は株主利益を最大化するための存在でした。しかし、今日においては、株主利益を最大化するとともに、社会的にすべてのステークホルダーの共感を得られる事業活動も求められる時代になってきました。そして、その新たな経済の仕組みづくりに貢献することが、私たちに求められていることだと思います。

 大和証券グループでは、これまでもインパクト・インベストメントやSRI投資信託の推進等、社会的な課題の解決を図る取組みを実施してきました。

 しかし、これらの取組みのみで満足してはいません。

 2015年国連総会にて採択されたSDGs(持続可能な開発目標)における壮大な目標の前では、ほんの一部分の取組みだと思います。国境を越えて複雑に絡まる社会的課題に対し、何ができるか、そして、何をすべきかを真剣に考え、それを実行することが、経営者としての私の使命だと考えています。

 そこで2018年、私が委員長となり「SDGs推進委員会」を設置しました。内輪の議論に留まらず社外委員からの意見も取り入れ、さらに一歩進んだSDGs推進を図っていきます。また、「Passion for SDGs 2018 〜大和証券グループSDGs宣言〜」を策定し、大和証券グループの考え方を公表しました。今後、ステークホルダーの皆様との対話を通じ、取組みを進化させてまいります。

 今後も社会的課題解決に積極的に取り組み、企業としての経済的価値と社会的価値を同時に創造する道を探求する、そんな私たちの想いと取組みについて、ご理解を深めていただければ幸いです。

株式会社大和証券グループ本社 執行役社長 CEO 中田 誠司

Passion for SDGs 2018 〜大和証券グループSDGs宣言〜

大和証券グループSDGs推進アクションプラン Passion for SDGs 2019

共通価値(Shared Value)創造のサイクル

主な取組み

大和証券グループ本社 グリーンボンドの発行大和証券グループ本社 グリーンボンドの発行

閉じる

業績について

2019年4月25日(木)に2018年度第4四半期決算を発表しました。

  2017年度
第4四半期
2018年度
第1四半期
2018年度
第2四半期
2018年度
第3四半期
2018年度
第4四半期
前四半期比
純営業収益 1,308億円 1,156億円 1,078億円 1,103億円 1,074億円 -2.5%
販管費 975億円 934億円 923億円 941億円 940億円 -0.1%
経常利益 434億円 258億円 201億円 194億円 176億円 -9.3%
親会社株主に
帰属する純利益
365億円 185億円 177億円 141億円 134億円 -5.0%

閉じる

株主優待・配当金・株主総会

株主優待

2019年3月末の株主に「株主優待カタログ」を発送しております。

株主優待

配当金

1株当たり配当金および配当性向実績

もっと詳しく知りたい方は

株主総会

2019年6月26日(水)第82回定時株主総会を開催いたします。

日時 2019年6月26日(水) 午前10時 〔午前9時開場〕
場所 ザ・プリンス パークタワー東京
(東京都港区芝公園4−8−1)

昨年度の株主総会の様子

もっと詳しく知りたい方は

閉じる

最新のIR資料

2019年度経営戦略説明会

2019年5月21日に2019年度経営戦略説明会を行いました。

プレゼンテーション

決算説明資料

2019年4月25日(木)に2018年度第4四半期決算を発表しました。

プレゼンテーション

個人投資家向け説明会資料(2019年3月版)

2019年2月および3月に個人投資家向け会社説明会を行いました。

プレゼンテーション

弊社では株主・投資家のみなさまにご覧いただくために様々なIR資料を制作しております

閉じる