事業活動を支える取組み

ステークホルダーの皆様から寄せられる信用と信頼は、事業活動を継続し皆様のご期待に沿い沿い続けるために必要不可欠のものであると考えています。

大和証券グループは、経営の監督と業務執行の機能を明確に分離し、透明性・客観性の高いコーポレート・ガバナンス態勢を構築しています。

大和証券グループは、コンプライアンスに関する取組みを単なる「法令の遵守」を超えた「お客様、市場、社会および株主からの信頼の獲得」と捉えています。

大和証券グループは、リスクとリターンのバランスがとれた健全な財務構造と収益構造を維持し、適切なリスク管理を行なうことにより企業価値の持続的な向上を図ります。

大和証券グループは、中期経営計画にデジタル・トランスフォーメーションを牽引するITプラットフォームの整備を掲げ、推進しています。

大和証券グループは、企業理念「高い倫理観を持って社会の持続的発展に貢献する」のもと、人権の尊重を基本とする企業文化のさらなる向上を目指し、人権教育・啓発への取組みを強化しています。

大和証券グループは、重要な取引先各社の情報を定期的に確認し、問題を把握したときには改善を促すなどの対応を取ることにしています。また、事業活動を行なう各国における人権課題の把握に努め、重要性の高いものについては適切な対応を検討することにしています。

大和証券グループは、株主・投資家とのより良い関係の構築を目指し、コミュニケーションの推進とわかりやすい情報の提供に努めています。