グリーンボンド発行

当社はこれまでにさまざまな種類のインパクト・インベストメント債券を販売し、社会的課題の解決に向け金融機関の立場からサポートしていましたが、2018年11月には当社として初となるグリーンボンドを発行するなど、市場の活性化に向けた取組みを拡大しています。本発行によって調達される資金は、これらの取組みの一環として、当社または連結子会社を通じた再生可能エネルギー発電プロジェクトへの投融資資金およびグリーンビルディングにかかわる設備資金に充当しています。当社グループは今後も、SDGs達成に向けて貢献するとともに、投資家の皆様に新たな投資機会を提供していきます。

大和証券グループ本社グリーンボンドに係る情報(2020年6月末時点)

1. 調達資金の充当状況

2018年11月発行の大和証券グループ本社グリーンボンド(発行額:100億円)の調達資金については、全額を適格グリーンプロジェクトに充当しました。適格グリーンプロジェクトに対する投融資等残高のカテゴリー別の割合は、下表をご覧ください。

適格グリーンプロジェクトリスト(2020年6月末)

カテゴリー サブカテゴリー 年月 ファイナンス/
リファイナンスの別
残高
(億円)
再生可能エネルギー 太陽光発電 2018年11月 リファイナンス 13
再生可能エネルギー 太陽光発電 2018年11月 リファイナンス 15
再生可能エネルギー 太陽光発電 2019年2月 ファイナンス 19
再生可能エネルギー 太陽光発電 2020年6月 ファイナンス 33
グリーンビルディング 2018年11月 リファイナンス 20
  合計 100

2. 環境インパクトの状況

2020年6月末時点で、発行代わり金を充当した適格グリーンプロジェクトの発電量/想定発電量は85,975MWh、当該プロジェクトによる二酸化炭素(CO2)排出削減効果は年間約40,236t-CO2となっています。

環境インパクトレポート(2020年6月末)

カテゴリー サブカテゴリー 発電量/
想定発電量(MWh)
推定CO2削減
排出量(CO2t)
再生可能エネルギー 太陽光発電 85,975 40,236
カテゴリー 認証申請の進捗状況
グリーンビルディング DBJ Greenbuilding認証については、プラン認証で5つ星を取得
  • 環境インパクトの算出について
    実績値が存在しない、または1年に満たない場合は、第三者機関の提出した発電量予測レポートをもとに、想定発電量を算出。2020年度中に稼働しない開発中案件については、稼働初年度の想定値とする。2021年度、すべての発電所が稼働予定。