プレスリリース

取引所為替証拠金取引「くりっく365」の取引資格の取得について
7/31/09
大和証券

各 位

大和証券株式会社は、平成21年7月31日付で、株式会社東京金融取引所が提供する取引所為替証拠金取引「くりっく365」における取引資格を同社から取得し、今秋より取引所為替証拠金取引のサービスを開始する予定となりましたのでお知らせいたします。

当社は、平成18年2月よりサービスを提供している「ダイワFX(店頭為替証拠金取引)」に加え、「ダイワ365FX(くりっく365、取引所為替証拠金取引)」のサービスをあらたに提供することで、お客さまの多様なご要望に応えてまいります。

なお、本サービスの詳細は、順次当社ホームページにてご案内する予定です。

当社は、今後もお客さまに親しまれる証券会社、お客さまより選ばれる証券会社を目指して、ご満足いただけるようサービスの向上に努めてまいります。

 

<ダイワFXに関するお問合せ>
ダイワFX専用ダイヤル 0120−207337 (受付時間 平日9:00 18:00


<取引所為替証拠金取引「くりっく365」について>
詳細は、東京金融取引所WEBサイト(http://www.click365.jp/)にてご参照ください。

 

<ご留意事項>
お取引にあたっての手数料及びリスクについて

所定の取引手数料をお支払いいただきます。
外国為替証拠金取引は、外国為替相場や金利が自分の想定と逆の方向に変化した場合には、短期間のうちに差入れた証拠金以上の損失が発生する可能性があります。また、決済において証拠金以上の損失が発生している場合には、損失相当額を清算するために差入れた証拠金以上の資金を追加負担することとなる可能性もあります。
外国為替証拠金取引は、少額の資金で大きな金額の取引ができることから、レバレッジ効果により多額の利益を得ることができる反面、多額の損失を生じるおそれがあります。
お客さまのリスク許容度に合わせて、レバレッジをご選択いただけるよう予定しております。その際、必要となる証拠金は、レバレッジによって異なります。例えば、レバレッジが20倍の場合、必要となる証拠金は「提示レート×注文数量(注文枚数×枚あたり取引単位)×%」となります。また売注文の提示レートはAsk(買値)、買注文の提示レートはBid(売値)を用います。なお、通貨ペアによって、レバレッジが異なる可能性があります。
外国為替レートの変動により、評価損が発生した結果、証拠金維持率がお客さまの選択されているロスカット基準を下回った場合は、お客さまのご意志に関わらず、当社はお客さまの未決済建玉すべてを自動的に反対売買します。この場合、その決済で生じた損失についてもお客さまが責任を負うことになります。

商号等 :大和証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第108
加入協会:日本証券業協会、社団法人 日本証券投資顧問業協会、社団法人 金融先物取引業協会


以上