• 印刷する
  • 小
  • 大

ホーム > 助成先一覧 > 平成29年度(第24回)

ボランティア活動等に関する調査研究助成

平成29年度(第24回)
No. 地域 研究委員会名 代表者名
(敬称略)
所属・職名
1 大阪府
豊中市
災害発生時の教育支援ボランティアに関する研究会 伊藤 駿 大阪大学大学院
人間科学研究科
大学院生
研究課題 本研究の課題は、被災地ボランティアに参加する/した、教職志望の大学生(以下、教職志望学生)にとってその経験がどのような意味を持つのか明らかにし、より良いボランティア派遣の仕組みや目的を提案することである。
昨今、福島第一原子力発電所事故(以下、原発事故)に伴い、県外で避難を余儀なくされている子どもたちに対する「いじめ」の問題をはじめ、様々な偏見が被災者に向けられていることが明らかになってきた。その一方で研究代表者はこれまでに、多くの学生ボランティアを被災地へ引率し、実際にボランティア活動をしていく中で学生たちの中でそれまでの被災地や被災者のイメージが一度崩れ、新たなものへと再構築されていく様子を見てきた。そこで、本研究においては上記の課題を設定し、ボランティア活動の促進と改善を目指すと同時に教職志望学生に与える影響を定量的・定性的両者の調査方法から明らかにすることをめざす。
ページトップへ