• 印刷する
  • 小
  • 大

ホーム > 助成先一覧 > 平成24年度(第19回)

ボランティア活動等に関する調査研究助成

平成24年度(第19回)
No. 地域 研究委員会名 代表者名
(敬称略)
所属・職名
1 福岡市
城南区
一般社団法人
日本遠隔カウンセリング協会
長江 信和 一般社団法人
日本遠隔カウンセリング協会
代表理事
研究課題 東日本大震災の被災地では、街の再建が進む一方、被災者の抑うつや不安、睡眠障害の悪化や、震災関連自殺の急増が報告されている(総務省, 2012)。被災地のメンタルヘルスは、今後、10年単位の長期的な悪化が予想されており、住民の生活の質の低下と同時に、医療費コストの増大や社会の労働損失が懸念される。しかしながら、被災地の精神保健福祉のリソースは、震災以前から不足しており、専門機関の増設や専門家の臨時採用が進んだとしても、震災後の精神保健福祉のニーズを満たすことは難しい(長江信和, 2012)。特に、仮説住宅に引きこもる方や自宅避難者、転居者に対しては、専門家のアウトリーチも機能せず、公的な支援が行き届かない状態が続くと考えられる。被災地の潜在的な被害が拡大するなか、被災者のメンタルヘルスを支える、新たな支援体制づくりが早急に求められている。
ページトップへ