PASSION FOR THE BEST

取り組み進む企業とNGOの協働〜CSRの観点から〜

〜経営戦略情報〜 2007年7月12日 経営戦略研究部 横塚 仁士

  • 企業がCSR活動において非営利組織・団体(NGO)と連携する事例が増加している。
  • NGOと協働してのCSR活動は、地域社会や消費者など多くの「ステークホルダー」に自社の存在価値をアピールする格好の場になるほか、新たなノウハウの獲得や、ネットワークの構築など多様なメリットが期待できる。
  • 一方で、NGO側の運営能力の向上や、企業側の明確な戦略に基づいたCSR活動の実施など、解決すべき課題も多い。
  • 海外での適正なサプライチェーンの構築をはじめ、CSR活動をより効果的に実施する上でNGOとの連携は今後さらに重要性を増すであろう。

レポート詳細はこちら
(250KB)

PDF PDFのドキュメントをご覧になるには、Adobe Reader Version 4.0以上が必要です。 Version 3.0でご覧になった場合は、正常に動作しない場合がございますのでご注意ください。

Get ADOBE READER

Adobe Readerの最新バージョンは左のボタンから無償でダウンロードできます。

大和のESGレポート集のトップへ戻る

ページトップへ