PASSION FOR THE BEST

フェアトレード

〜経営戦略情報〜 2005年4月6日 経営戦略研究部 河口 真理子

  • 途上国の貧困など、グローバル経済の弊害が指摘されるようになってきた。その是正手段として、最近フェアトレードが注目されるようになった。これは、コーヒーなどの農産物や衣料などの手工芸品を、途上国の生産者の社会的なコストと環境的なコストを反映させた価格で取引するものである。
  • 欧米ではフェアトレード市場が急速に拡大しており、英国では4割の国民がフェアトレードマークを認知しておりコーヒー市場におけるフェアトレード商品のシェアは2割にのぼる。
  • 日本でもイオンやスターバックスがフェアトレードコーヒーを扱い始め、またスローブームにのりフェアトレードの手縫い手織りなどの衣料品がファションとして注目されるようになってきた。今後は企業のCSR活動の一環として、フェアトレードにどう取り組むか、という点も注目されてこよう。

レポート詳細はこちら
(221KB)

PDF PDFのドキュメントをご覧になるには、Adobe Reader Version 4.0以上が必要です。 Version 3.0でご覧になった場合は、正常に動作しない場合がございますのでご注意ください。

Get ADOBE READER

Adobe Readerの最新バージョンは左のボタンから無償でダウンロードできます。

大和のESGレポート集のトップへ戻る

ページトップへ